中国輸入,代行業者,おすすめ,選び方

こんにちは、富山です。

 

中国輸入ビジネスで商品リサーチができましたら、

次のステップとして仕入れに移っていきます。

 

基本的に自分で直接タオバオやアリババの業者と連絡を取り合うよりも

仕入れ代行業者を使った方が圧倒的に安全で効率的です。

 

まずは直接自分自身で仕入れ作業を行う場合の問題点をみてみましょう。

 

自分で仕入れ作業を行う場合の問題点

国際発送の問題

タオバオやアリババなどの中国のネットショップで商品を購入しようとしても

直接日本へ商品を発送してくれるところはほとんどありません。

 

そのため、個人で仕入れる場合は現地(中国)に信頼できるパートナーがいて
そのパートナーから日本へ発送してもらう必要があります。

 

検品の問題

中国で商品を購入して、万が一検品をせずに日本へ発送した場合

写真とは違う商品だったり、不良品だったというケースが多々あります。

 

もし日本に届いてから不良品ということが発覚して返品しようと思っても

返品に応じてもらえなかったり

返品してもらえたとしても時間や送料がその分かかってしまいます。

 

中国輸入ビジネスでは、中国国内で検品をして

その際に発注した商品が異なる場合や不良品などの問題を

解決してから日本へ発送することが大切です。

 

中国語の問題

タオバオやアリババでは、取引の際「アリワンワン」という

チャットソフトを使用して商談を行います。

 

Googlechromeを使っていれば中国語を日本語に翻訳できるので

ある程度は理解できますが、チャットとなると

相手の発言の微妙なニュアンスまでは読み取れません。

 

微妙なニュアンスなどを読み取れなかったせいでトラブルになることもあります。

お金に関わることですし、正直リスクが高いですので

中国語が分かる外注さんを使うか、代行業者を使うことをおすすめします。

 

 

これらの問題点を踏まえたうえで、中国での信頼できるパートナーを

見つけることはなかなか難しいと思いますので、

代行業者を使うほうが圧倒的に時間の短縮になり

効率的なことがお分かり頂けるかと思います。

 

代行業者を使う流れとしましては、

 

  1. 自分が代行業者の注文フォームから購入代行を依頼する
  2. 代行業者からの見積りを元に代行業者に料金を支払う
  3. 代行業者が中国業者に商品の注文をする
  4. 中国業者から代行業者へ商品が到着し、検品と日本への発送をしてもらう
  5. 商品を受け取る(FBA倉庫へ直接納品してくれるところをおすすめします)

 

以上のような流れになります。

 

なので、自分がやることは代行業者に注文フォームから購入代行を依頼するだけです。

ものすごくラクですね。

 

それ以外はすべて勝手に代行業者がやってくれますし

商品の受け取りもFBA倉庫に直接送ってもらえば

自分の自宅に大量の段ボールが来て困ることもありません。

 

ただ、代行業者といってもたくさんありすぎて

どこを選べば良いのかわからない方も多いと思います。

 

次は代行業者を選ぶ時のポイントを説明していきます。

 

おすすめ代行業者の選び方

中国輸入ビジネスの代行業者は星の数ほどありますが

その中でもやはり適当な代行業者もいます。

 

なので、良い代行業者を選ぶポイントをおさえて頂ければと思います。

中国輸入ビジネスの代行業者を選ぶポイントとして以下の点があります。

 

検品体制がしっかりしている

中国輸入ビジネスに関しては、商品のクオリティがどうしても安定しません。

さきほども書いたように、写真と違う商品が届いたり、不良品があったりですね。

 

そのため、中国輸入ビジネスの代行業者に一番に求める条件は

検品体制がしっかりしているかというところです。

検品が適当な代行業者を使ってしまうと、ものすごくイライラします。笑

 

検品をしているはずなのに、お客さんから不良品や色違いなどの

クレームがきたりしますので、その分顧客対応などで無駄な時間を浪費してしまいます。

 

また、大量に仕入れた商品がたくさん壊れていたりすると

廃棄処分をするしかなくなり、かなり大きな損失となります。

 

その代行業者がしっかりとした検品をして

万が一何か不都合があった場合はショップに対して

対応をしてくれるのかも事前に把握しておきましょう。

 

料金体制と発送スピードはあまり重要ではない

検品体制の次に重視すべき点は当然価格です。

しかし、価格は基本的にどこの代行業者でもそこまで大きく変わらない印象です。

 

低価格アピールしている代行業者たくさんいますが

安い代行手数料をアピールしているところは結局梱包費や検品費などの

値段が高くなっていますし

安い送料をアピールしているところは月額料金がかかったりします。

 

そのため、ある程度の規模の代行業者であればどこもさほど料金は変わらないので

料金体系が分かりやすいところを使うことをおすすめします。

 

なぜなら、料金が明記されていなくて思わぬ料金の請求をされる

なんてことも十分あり得るからです。

 

分かりやすく、きちんとした見積りを出してくれる代行業者を選ぶようにしましょう。

 

 

また、発送スピードも正直そこまで大差ありません。

どの代行業者でも同じようにEMSやUPS、Fedex、DHLといった発送業者を

大口契約しているだけですので、結局どこの代行業者でも発送スピードは同じなのです。

 

発送が遅いというのは、そもそもタオバオやアリババで商品を購入したショップが

代行業者の倉庫まで商品を送るのが遅かったり、

中国自体の祝日スケジュールに影響されているということがほとんどです。

 

これは代行業者の責任ではないですし、どうしようもありません。

 

サポートデスクの対応が早く、クオリティが高い

中国輸入ビジネスの代行業者でスピードの差が出るとしたら

サポートデスクの対応の早さでしょうか。

僕の今までの経験では、サポートデスクの対応の早さは

業者によって1週間ほど変わってくる場合もあります。

 

ただ、対応の早さだけをアピールしている代行業者は少し注意が必要です。

なぜならそれは最初に挙げた、中国輸入ビジネスの代行業者に

一番に求める条件としての検品体制が良くない可能性が高いからです。

 

これは実際にその代行業者を使ってみないと分かりません。

もしSkypeやチャットワークで対応可能な代行業者であれば

対応の早さには自信を持っている証拠ですので、対応の早さが期待できます。

 

僕が現在使っている代行業者はチャットワークでやり取りをします。

営業時間内であれば、たいてい5時間以内には返信がきますし

早ければ数分で返信がくることもあります。

 

これは実際に使ってみないと分からない部分がありますが

まずは取引をする前に事前にメールで問い合わせなどをしてみてください。

その問い合わせの対応を見ると、その代行業者の信頼度が分かります。

 

代行業者としての業歴が長い

一応、大手の代行業者を使えば問題ありませんが

マイナーな代行業者を使う場合の注意点としては

代行業者としての業歴が短いところは使わないというところです。

 

ごくまれにですが、料金を払ったらその後は音沙汰なしだったという詐欺的な代行業者も存在します。

 

もちろん、業歴が短くても信頼できる代行業者はいますが

長く続いている代行業者の方が

それだけで信頼度が高いことが一目瞭然ですので、ぜひ参考にしてください。

 

複数の業者を使用してみる

中国輸入ビジネスの代行業者はやはり実際に使ってみないと

分からない部分が多いので、複数の良さそうな業者を使ってみることが一番良いです。

 

なので、最初からこの代行業者だと決めつけずに、複数の代行業者を使ってみてください。

意外な掘り出し物的代行業者を見つけることができるかもしれません。

 

中国輸入ビジネスのおすすめ代行業者の選び方まとめ

これらのことを踏まえて、代行業者の選定は最終的にはご自身の判断で行い、

最初から一社に絞ってしまわずに複数の業者を利用してみて

その中からベストな代行業者を選定することをおすすめします。

 

中国輸入ビジネスの代行業者を選定するうえで最も重要なポイントを超簡単にまとめると、

検品の質と対応の早さが重要ということですね。

 

ちなみに僕のコンサルティングを受けている方のみ

実際に僕が使用しているおすすめの代行業者を紹介させて頂いています。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

ビジネスパートナー募集のご案内はこちら

→ 渋谷にて中国輸入・メルカリ転売のビジネスパートナー募集してます

 

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!