Amazon,出品者登録

こんにちは、富山です。

 

今回はAmazonでこれから販売を始めていこうと思っている方に向けて

Amazonで出品者用アカウントを取得する際に知っておくべきことを解説していきますね。

 

すでに出品を開始している方も再度確認の意味も含めて読んで頂ければと思います。

それでは早速みていきましょう。

 

Amazonマーケットプレイス出品の基本

Amazonマーケットプレイスは、誰でも自分の不用品などを手軽に出品できるようになっています。

出品する際の商品は「新品」「再生品」「中古商品」「コレクター商品」の

4つのカテゴリーから自分で判断して決めます。

 

中国輸入ではほぼ新品のカテゴリーしか使いません。

Amazonマーケットプレイスに出品する際に必要なものとしては、

 

  • メールアドレス
  • 銀行口座
  • クレジットカード

となります。

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

>> 中国輸入ビジネスを始めるにあたって準備しておくべきもの

 

出品アカウントは大口出品と小口出品の2種類ある

Amazonマーケットプレイスでの出品時の登録料は無料となっており

出品した段階では一切のお金はかからず

商品が売れた時にはじめて手数料が請求されるようになっています。

 

ただしこれは小口出品者登録をした場合です。

小口出品だと月額無料ですが、1点売れるごとに100円の

基本成約料+販売手数料がかかります。

 

僕たちの場合は基本的に大口出品者登録を行います。

大口出品者も出品するだけなら無料ですが

月額登録料4900円+販売手数料がかかります。

 

中国輸入は薄利多売のビジネスモデルなので

小口出品で1点売れるごとに100円取られるよりかは

月額固定で4900円払った方が断然お得です。

 

単純に50個以上売れば小口出品よりも大口出品の方が手数料が安い計算になりますね。

さらにAmazon最大のメリットであるFBAを使えるのも大口出品者のみとなります。

 

注文成約時にかかる販売手数料はそれぞれカテゴリーごとに異なります。

こちらAmazonの公式HPにあった表を貼っておきます。

 

Amazon,出品,販売手数料

 

まあだいたい8~15%前後と覚えておけば大丈夫です。

実際に利益の計算をする時はFBA料金シミュレーターを使ってくださいね。

 

出品者登録をする前の注意事項

Amazonマーケットプレイスの規約では、基本的には出品アカウントは

一人一つまでしか持つことができないとなっています。

 

とは言っても、購入用のアカウントと出品用のアカウントは分けることができます。

 

ただ、かなりのパワーセラーになってくると例外として複数アカウントを持つことが

許される場合もありますので、それはまたおいおい担当者に聞いてみると良いでしょう。

 

ちなみに法人を持っている方は法人と個人でそれぞれアカウントを持つことができますよ。

 

普通に個人で複数アカウントを運営していることが

Amazonにバレると一瞬でアカウント停止 or アカウント削除をくらいます。

 

さらに一度アカウントを削除されてしまうと、ブラックリスト入りしますので

新たにAmazonで出品者用アカウントを作ることができなくなります。

 

まあこのへんは裏技というか、うまいやり方がありますが

それは極秘情報なのでコンサル生にだけ教えています。笑

 

Amazonというプラットフォームを使わせてもらっている以上、削除のリスクは常にあるわけですが

対策しておくに越したことはありません。

 

Amazonアカウントの停止や閉鎖を防ぐためにこちらの記事にも目を通しておいてくださいね。

>> Amazonアカウント停止・閉鎖を防ぐ方法と対策

 

Amazonの出品者用アカウントを取得する際に知っておくべきことまとめ

それでは上記のことを踏まえ、Amazonの出品者登録をしていきましょう。

いいですか?

 

大口出品で1アカウントのみですよ。

Amazonの出品者登録はこちらから

>> Amazon出品登録

 

登録方法は簡単です。

画面通りに必要事項を入力していけば良いだけなので

Amazonの購入用アカウントを作れるITリテラシーをお持ちの方なら普通に作れるかと思います。

 

念のため言っておくと、登録作業中の必要事項は

すべて正式名称で登録するようにしましょう。

 

例えば、個人の場合だと本名でフルネーム、個人事業主の場合だと

税務署に届け出ている正式な屋号、法人の場合だと登記している法人名です。

 

また、特定商取引法に基づく表記の欄には

住所・氏名・電場番号をきちんと記載するようにしてください。

 

たとえ個人だとしても、物を販売する業者(プロ)としての意識をしっかり持ちましょう。

稼ぐためにはテクニックも必要ですが、一番重要なのはマインドです。

 

成功したいのであればセコい意識を持たずに正々堂々とビジネスをしましょう!

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

ビジネスパートナー募集のご案内はこちら

→ 渋谷にて中国輸入・メルカリ転売のビジネスパートナー募集してます

 

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!