Amazon,新規,相乗り

こんにちは、富山です。

今回のテーマは中国輸入ビジネスは相乗り出品新規出品どちらが良いかについてです。

 

今現在、中国輸入ビジネスは相乗り出品だと稼げない

新規出品しないと稼げないと言っている方をよく見かけます。

 

実際のところどうなのか?

早速みていきましょう。

 

中国輸入ビジネスは相乗り出品だと稼げない?

まず僕からしてみれば、相乗りで稼げない意味が分かりません。

相乗り出品って言ってみれば国内の単純転売(せどり)と同じです。

 

もちろん、中国から輸入するので国内転売と全く同じというわけではありませんが

基本的にみんな同じ商品を同じ商品ページで販売するという点において同じです。

 

国内転売だとみんな稼げないのでしょうか?

 

僕の知り合いでも国内転売をやっている人はたくさんいますが

普通に月数百万円の利益を出している人もたくさんいます。

 

実際に僕もメルカリで仕入れてAmazonで販売するという

単純転売も中国輸入と並行して実践していますが、

メルカリ転売だけでも月利100万円ほどなら安定して稼げます。

 

しかも仕組みを作って自動化に成功しています。

もはや自動販売機からお金が出てくる感覚ですね。

 

稼げないのは単純にリサーチ不足なだけです。

相乗りでも儲かる商品はたくさんありますよ。

 

初心者は新規出品をしない方が良い

今現在僕は中国輸入での相乗り出品はほとんどやっていません。

 

なぜなら、マーケティングなどのスキルがあれば

確実に新規出品の方が圧倒的に利益率も高く効率が良いからです。

 

初心者のうちは新規出品は逆にやらない方が良いです。

今書いたように、マーケティングなどのスキルが必要になるからです。

 

なんでもかんでもOEMでオリジナル商品を作ったり

新規出品したからといって稼げるというものではありません。

 

きちんとターゲットを絞ったり戦略を立てて、商品ページもしっかりと作りこまないと

逆に相乗り出品より新規出品の方が稼げません。

 

そのため、中国輸入ビジネスの流れとしては

相乗り出品で月利30万円ほど稼げるようになったら

新規出品に移行してさらに利益率を高めていくというかたちしていくことをおすすめします。

 

なぜ月利30万円が目安なのか?

それは月利30万円ぐらいになれば、ある程度リサーチの時間を減らしても

同じ商品の仕入れだけで毎月それぐらいいくからです。

 

今までリサーチに使っていた時間をマーケティングを学ぶ時間や

商品ページの作り方を学ぶ時間に変えて

勉強してから新規出品をした方が圧倒的に成功率が上がります。

 

まずは着実に相乗りでリサーチ力を付けて売る力を付けていきましょう。

それから新規出品をしても遅くないです。

というか逆にそうしないと痛い目にあいますよ。

 

ただ、自分の商品がAmazonでベストセラーを取ったりすると超気持ちいいですよ。

ベストセラーを取ると、もちろん出品者は自分だけなので一日数十個は余裕で売れていきます。

 

あとは在庫を切らさないように在庫管理をしっかりやれば

一商品だけで毎月安定的に数十万円稼げたりします。

 

このあたりが中国輸入ビジネスの利点というか、特権だと個人的に思っています。

 

中国輸入ビジネスは相乗り出品と新規出品どちらが良いかまとめ

以上、中国輸入ビジネスは相乗り出品と新規出品どちらが良いかについて語りましたが

初心者にとっては相乗り出品、ある程度の経験者になると新規出品が良いというのが結論です。

 

最初は相乗り出品で月利30万円を目指す。

相乗り出品で月利30万円を達成したら今までリサーチに使っていた時間を

マーケティングや商品ページの作り方を勉強する時間に変えて勉強してから新規出品。

 

この流れでやれば間違いないです。

あとは正しいノウハウで自分を信じて継続して作業するのみ。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!