中国輸入,ジャンル

こんにちは、富山です。

 

今回は相乗り出品新規出品とで分けて

中国輸入ビジネスで扱うジャンルの考え方についてお伝えしていきます。

 

中国輸入ビジネスで扱うジャンル

中国輸入ビジネスでは、きちんとリサーチをし

下記の内容を理解しておけばそれほど大きなミスというのは基本的に起きません。

 

まず中国輸入する商品の必須条件として、

 

  • 小さい(商品が小さければ小さいほど、国際送料やAmazon手数料が安くなります)
  • 軽い(軽い商品だと多少サイズが大きくても国際送料やAmazon手数料が安くなります)
  • 壊れにくい(壊れにくいものでなければ、日本に届いたときにはすでに壊れていることがあります)

 

この3つを満たしていれば、利益も取りやすいですし

輸送時のトラブルなどを避けることができます。

 

逆に、重かったり大きい商品は販売できないのかというと

そうではなく、その分送料や手数料などを販売価格に上乗せすれば良いだけです。

 

ただ、それだとやはり商品価格が高くなってしまいがちなので

なかなか売りにくくはなります。

 

なので初心者の方は特に、基本的には上記3つの条件に当てはまるものを仕入れてください。

 

相乗り出品のジャンルの考え方

相乗り出品の場合においては、あまりジャンルは意識せずに幅広く扱っていくべきです。

 

なぜなら、相乗り出品の場合は何も考えずにとりあえず商品の種類を

できるだけ増やしていった方が稼げるからです。

 

新規出品の時のようにマーケティングの知識も必要ありませんし

Amazonで出品するのはすぐできますから

どれだけ商品数を増やせるかが勝負だと僕は思います。

 

ただ、注意して頂きたいこととしてはリサーチの段階で

事前に手数料などを調べておいてしっかりと

利益・利益率が取れるかということを意識しておいてください。

 

新規出品のジャンルの考え方

新規出品の場合においては、ある程度ジャンルを絞って攻めた方が良いです。

理由はいくつかあるのですが、そのうちの一つはリサーチを効率よくするためです。

 

新規出品のリサーチは相乗り出品の場合と異なり

深堀していくことが重要になってきます。

 

深堀というのは、商品のニーズを調べたり客層を調べたりすることですね。

 

いわゆるマーケティングの部分です。

ここがしっかりとできていれば

どんな商品を扱ってもまず売れないということはありえません。

 

そして、このリサーチの作業は結構な時間がかかりますので

色々なジャンルを攻めると、それだけのジャンルの数のリサーチをする必要が出てきます。

 

でも一つのジャンルに絞ってやると、ニーズや客層はある程度同じに

なってきますので、商品選定までの時間が節約できるわけです。

 

また、OEMなどでオリジナル商品を作る際にも

同じジャンルの商品であれば同じストラップやパッケージをある程度使い回すことができます。

 

そのため、新規出品の場合はジャンルをできるだけ絞ってリサーチをするのがベストです。

最初は自分の得意なジャンルに思い切って絞ってしまいましょう。

 

リサーチする商品が無くなってきたら、どんどん扱うジャンルを増やしていけば良いです。

 

中国輸入ビジネスで扱うジャンルの考え方まとめ

以上、中国輸入ビジネスで扱うジャンルの考え方でした。

まとめますと、基本的には

 

  • 小さい
  • 軽い
  • 壊れにくい

 

この3つの条件に当てはまる商品の中からリサーチします。

 

そして、相乗り出品の場合はとりあえず数が大事なので

何も考えずにひたすらリサーチしまくります。

 

新規出品の場合はどのように商品を売りだしていくかまでを

考えながらリサーチをして、さらにOEMのことまで見越してやるなら

断然まずは得意なジャンル一つに絞ってリサーチをしていきましょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

ビジネスパートナー募集のご案内はこちら

→ 渋谷にて中国輸入・メルカリ転売のビジネスパートナー募集してます

 

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!