中国,輸入

こんにちは、富山です。

 

今回はそもそも中国輸入ビジネスとは一体どのようなビジネスなのか?

また、中国輸入ビジネスの魅力は何なのか?

について解説していきます。

 

中国輸入ビジネスは正しい方向性で継続して作業をすれば

少ない資金でも初心者からすぐに結果を出せるビジネスモデルです。

 

それでは早速みていきましょう。

 

中国輸入ビジネスとは

中国輸入ビジネスとは、字を見ても分かる通り、中国から商品を

輸入して日本で販売をするというビジネスです。

 

これだとちょっと雑すぎる(笑)のでもう少し詳しく言いますと

 

中国のオンラインサイト(タオバオ、アリババ、AliExpress、チャイナマートなど)から

利益の見込める商品の仕入れを行い、

日本のオンラインサイト(Amazon、ヤフオク、楽天、自社ECなど)で販売する

 

という完全在宅で完結してしまうシンプルなビジネスモデルなんですね。

 

今までの個人輸入ビジネスと言えば、欧米輸入が人気でしたが

円安の影響であったり、もともと欧米と日本では物価の差がほとんど無いため

最近では欧米輸入では利益がなかなか出しにくくなってきているのが現状です。

 

そこで物価の差が大きく、日本で販売できる(普通にされている)商品が

たくさんある中国からの輸入が最近では人気なのです。

 

中国と聞くと粗悪品や偽物が多いといった悪いイメージがある方も

多いかもしれませんが、私達が普段から使っているモノや身近なものは

実はそのほとんどが中国製の商品なのです。

 

服のラベルや製品情報を見てもらえればわかるかと思いますが

今では家電なんかも中国製のものが数多く出回っていますよね。

 

中国と日本の物価の差

では、中国輸入を実際にやるにあたってまずは日本と中国の物価の差を感じて

頂きたいのですが、中国の通貨はなんというかご存知でしょうか?

 

アメリカはドル($)、イギリスはポンド(£)ということは多くの方が

ご存知だと思いますが、中国の通貨は「元(げん)」といいます。

 

記号は日本と同じ(¥)を用います。

これからこの「元」はよく出てきますので、しっかり覚えておいてくださいね。

 

それでは実際に中国と日本の物価の差を一緒に見ていきましょう。

 

例えば、わかりやすいように百均で売ってそうなものを例に挙げると、

こちらの商品↓

輸入,えんぴつ

 

なんと一つ0.33元で売っています。

2017年3月現在では1元約16円となっていますが

大雑把に計算したとしても5~6円ほどですね。

 

もし仮に4本セットで販売されているとしたら、約5円×4個=約20円の原価で

108円の売上となりますので、日本と比べると5分の1ですね。

 

一商品だけでは何とも言えないかと思いますので、さらにもう1商品紹介しましょう!

こちらの商品↓

輸入,サングラス

 

一つ3.8元で売っています。

こちらも日本円で60円ぐらいですね!

 

こちらはさすがに100円ショップにはないかと思いますので

仮に安く見積もって400円で販売されているとしたら、7分の1ぐらいですかね。

 

このように、日本と中国との物価の差を理解して頂けたかと思います。

単純に考えても物価の差=利益と結びつきますね。

 

もちろん、今回紹介した商品はほんの一部であり

中には中国でもっと高額な値段で売られているものもありますが

それでも利益の取れる商品は山ほどあります。

 

中国は世界の工場と呼ばれているだけあり

基本的にどんなものでも揃いますし、物価もかなり安いのです。

 

中国輸入ビジネスの魅力

さて、ここからは中国輸入ビジネスの具体的にどのようなところが

魅力的なのかについてお伝えしていきます。

 

中国輸入ビジネスの主な魅力としては以下の3つがあります。

 

  • 英語や中国語などの語学力が不要
  • 完全在宅で実践可能
  • 外注化がしやすい

 

1つずつ順番に解説していきますね。

 

英語や中国語などの語学力が不要

中国輸入ビジネスを実践するにあたって

英語や中国語などの特別な語学力は特に不要です。

 

欧米輸入だと英語を使用して売り手と直接の価格交渉などが必要なため

ある程度英語を理解できなければ難しいですが、

中国輸入ビジネスの場合は商品の買い付けや価格交渉などは

基本的に代行業者がやってくれるので

自分が英語や中国語を使用する機会がほぼありません。

 

リサーチの時もgoogle翻訳などの翻訳ソフトを使うことで余裕でできてしまいます。

 

ただし、やはり英語や中国語ができるに越したことはないのでよく出てくる言葉は

覚える努力をした方が良いかと思います。

 

完全在宅で実践可能

中国輸入ビジネスは基本的にインターネットに繋がる環境さえあれば

いつでもどこでも自分の好きな時にビジネスをすることができます。

 

なぜなら、自分が主にやることとしては商品のリサーチぐらいだからです。

儲かる商品のリサーチをしたら、その商品を仕入れ代行業者に発注をお願いし、

あとはAmazonで販売されて売れるのを待つだけです。

 

これは大げさに言っているのではなく、事実です。

本当にこれだけですので、別に自分が在庫を保管する必要もありませんし

面倒な発送作業をする必要もありません。

 

外注化がしやすい

中国輸入ビジネスは外注化がかなりしやすいビジネスモデルです。

自分である程度リサーチができるようになってきたら

リサーチは外注さんに任せましょう。

 

仕入れ・検品・梱包・国内のAmazon倉庫への発送は代行業者にやってもらいます。

そして日本で商品が売れた時の梱包・発送はAmazonのFBAを利用することで

Amazonがやってくれます。

 

価格改定に関してはツールを利用するか、これまた外注を使っても良いと思います。

ここまで読んでいただけたらお分かり頂けると思いますが

このようにかなり自動化がしやすいビジネスモデルなんです。

 

中国輸入ビジネスについてと中国輸入ビジネスの魅力のまとめ

以上が中国輸入ビジネスに関するお話しでした。

非常に魅力的なビジネスモデルであるということがお分かり頂けましたでしょうか?

 

また、ある程度経験を積んできたら今度はOEMをして自社ブランドとして

売り出していくことで、自分のブランドを持つこともできますし

ライバル不在で戦うこともできます。

 

こう考えると中国輸入はとてつもなくアツいビジネスであることが

お分かりいただけるのではないかと思います。

 

以上が中国輸入ビジネスについての考察でした。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

ビジネスパートナー募集のご案内はこちら

→ 渋谷にて中国輸入・メルカリ転売のビジネスパートナー募集してます

 

それでは今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!