貿易,おすすめ,個人

こんにちは、富山です。

今回のテーマは中国輸入欧米輸出だとどっちが稼ぎやすいのかということです。

 

特にこれから転売ビジネスを始めようとしている初心者の方からよくいただく質問です。

実際のところ中国輸入と欧米輸出ではどちらがおすすめなのか

僕自身の見解をお伝えしていきますね。

 

稼ぐマインドの問題

結論から言うと中国輸入と欧米輸出でどっちが稼げるのかというのは

結局その人のマインド次第ですので、別にどっちでも稼げます。

 

実際僕の周りでも中国輸入でめちゃくちゃ稼いでいる人もいますし

欧米輸出でめちゃくちゃ稼いでいる人もいますよ。

 

円安だから欧米輸出が良くて中国輸入がダメとか、英語ができないから欧米輸出は無理とか

言っている人は一生稼げないです。

 

なぜなら稼ぐマインドが身についていないからです。

稼げる人は何をやっても稼げますね。

 

まずは自分がやることを一本に絞って、一点集中することが大切です。

ブレているといつまで経っても稼げませんよ。

 

一番ダメなのは両方同時にやることです。

一つのビジネスで圧倒的に稼いだら次のビジネスをやるといったようにしていきましょう。

 

中国輸入と欧米輸出簡単なのはどっち?

そうは言っても、マインドの問題だけで片付けられるとどうしようもないので

そこは僕の優しさを見せて、中国輸入と欧米輸出で簡単なのは

どちらかという疑問にお答えします。

 

何を以って簡単なのかということでも異なってきますが

どちらが簡単に実践しやすいのかという意味ですと

中国輸入の方になります。

 

なぜなら、中国輸入の場合は欧米輸出と違って準備するものが少ないからです。

欧米輸出を実践するにあたり売れた商品代金を

受け取るための海外口座の開設が必ず必要になります。

 

しかもアメリカではビジネスの売上は法人口座で受け取るという決まりがあります。

これはParoneerやWorldFirstといった法人口座のレンタル・送金サービスを

利用することで解決できますが、資本金の問題もあります。

 

中国輸入であれば元手の資金が少なくても仕入れ価格が安いので

実践することは簡単ですが、欧米輸出の場合はある程度の資金がなければ

なかなか結果も出にくいです。

 

これらのことを踏まえると中国輸入の方が欧米輸出よりも実践すること自体の

ハードルは低いので簡単だと言えますね。

 

また、稼ぎやすさの面からみても中国輸入の方が僕は簡単だと思います。

 

なぜなら、欧米輸出だと基本的にブランド商品を扱いますので差別化が難しいのですが

中国輸入の場合はノーブランド商品を扱いますのでOEMなどをしてライバルと

差別化することが簡単です。

 

利益率も欧米輸出は20%あれば結構良い方ですが、中国輸入の場合は

30~60%とかなら簡単に取れます。

 

回転率で比べると、欧米輸出は単価の高いものを扱いますが

中国輸入は単価の低いものを扱いますので

単純に考えても中国輸入の方が断然回転率は良いです。

 

物販ビジネスは利益率と回転率が重要になってきますので

僕としては中国輸入の方をおすすめします。

 

中国輸入と欧米輸出はどっちが稼げるのかまとめ

まとめますと、中国輸入も欧米輸出もどちらでも稼げますが、

資金や準備するものに関して見ると中国輸入の方が実践しやすいです。

 

また、利益率や回転率をみても中国輸入の方が圧倒的に良いです。

このことから個人的には欧米輸出よりも中国輸入の方がおすすめです。

 

特にこれから転売ビジネスに参入しようと思っている初心者の方に

参考にして頂ければ嬉しいです。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

ビジネスパートナー募集のご案内はこちら

→ 渋谷にて中国輸入・メルカリ転売のビジネスパートナー募集してます

 

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!