成功,オーラ,脱力

こんにちは、富山です。

 

だいぶ前のことになりますが

「24時間戦えますか」というコマーシャルがありました。

 

サラリーマンは企業戦士などと言われています。

 

しかしいつも臨戦態勢でいては

ここ一番の時にかえって力を発揮できないものです。

 

どんなときでも深くリラックスできる人が

最後に勝ちを手に入れられる人だと僕は考えています。

 

人生は勝ち負けです。

なので、ここぞという大事な場面で勝ちに行くための下準備は絶対に必要です。

 

昔から健全なる精神は健全なる肉体に宿ると言われていますが

現代はほとんどの人が精神も肉体も疲労困憊しているのではないでしょうか。

 

なんとかなるさと自分に言い聞かせても

気持ちがついていかないときだってあります。

 

何より、自分に余裕がないと人に優しくなれません。

 

特に、部下を持つビジネスパーソン、プロジェクトリーダーと呼ばれるような人たちは

常に心の余裕が要求されます。

 

部下に安心して仕事をさせるには

最後の責任は自分が引き受けるくらいの余裕が必要です。

 

それにはオン・オフの切り替えのスイッチがスムーズでなければ務まりません。

きっとこの記事をお読みのあなたはそれぞれ自分なりのリラックス法を持っていると思います。

 

お酒を飲む、ジムで汗を流す、カラオケに行く、好きなものを大人買いするなどなど。

僕のおすすめはなんといっても、1日1クラゲになることです。

 

これは読んで字のごとく

「1日1回、クラゲのように脱力する」方法です。

 

人間は普通に呼吸をしているとき古い酸素が

3分の2くらいは肺の中に残ったままになっているそうです。

 

これを残留酸素と言います。

 

なので、時には思いっきり息を吸って、思いっきり吐く。

お腹が破裂するくらいの息を吸って、お腹と背中がくっつくくらいまで息を吐き切る。

 

身体の古い酸素を出し切って新しい酸素を入れましょう。

この方法は身体の中の酸素を新鮮に保つためには大切なことです。

 

ここでは脱力状態を作るためにゆったりとした呼吸をしてください。

息を吸って吐く時、お腹はへこませない。

 

お腹に力を入れない。

首の力も肩の力も抜いて、腕もだらんと下げたままゆらゆら揺れる。

 

軽く目を閉じ、光が差し込んでいる透明な海の中を漂っていると思ってください。

そう、このとき、あなたはクラゲなのです。

 

何も考えず、頭も空っぽにする。

ボーっという音が聞こえてくるくらいボーっとしましょう。

 

日本ではボーっとしているというと、イメージが良くないようですが

ボーっとすることは大変高尚な趣味と考える国もあります。

 

ボーっとしているときこそ、素晴らしいアイディアが降ってくることがあるからです。

 

ところで、あの人はオーラがあるなどと言いますが

オーラは何によって育てられるか知っていますか?

 

なんとオーラは呼吸から作られるのだそうです。

 

なので、オーラを磨く上でもまたオーラをまとった人に

なるためにも呼吸を大事にしてください。

 

普段はだいたい浅い呼吸をしていると思います。

1日一回は深めのゆったりとした呼吸をすることを心がけましょう。

 

そして、なにより大切なのが脱力です。

クラゲになるとは、呼吸も含めて脱力状態になることです。

 

身も心も脱力状態になり、広大な海の中をゆらゆら揺れている

そんなクラゲになった自分を感じてみましょう。

 

一回に2,3分もあれば可能です。

オフィスの椅子に座ったままでもできます。

 

ぜひ、1日1クラゲを試してみてください。

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!