メルカリ,フリル,違い

こんにちは、富山です。

 

今回はフリマアプリの中でも特に有名なメルカリフリルの違いと

どちらで転売ビジネスを実践した方が稼げるのかということについてお伝えしていきます。

 

メルカリもフリルも業者ではなく、一般の個人ユーザー同士が商品の取引を

できるフリマアプリであり、非常に似通っている部分が多いです。

 

ちなみに最初にお伝えしておきますと、僕は断然メルカリ派ですね。

メルカリの方がユーザー数が多いので売れやすいからです。

 

では早速メルカリとフリルの違いについて見ていきましょう。

 

メルカリとフリルの違いと転売での稼ぎやすさ

  • メルカリとフリルの手数料の違い
  • 本人確認の必要性の有無の違い
  • ポイントに関する違い
  • 販売者が購入者を選べるかどうかの違い
  • 特定のユーザーのフォロー機能の有無
  • ユーザー数(ダウンロード数)の違い

 

これら6つの項目について順番に解説していきますね。

 

メルカリとフリルの手数料の違い

やはり転売をしていくにあたって最も気になるのが手数料だと思います。

売上や利益率に直結してきますからね。

 

販売手数料・決済手数料

出品した商品が売れた時、メルカリは販売手数料が10%かかります。

フリルは2016年10月から販売手数料が無料になりました。

 

購入者が支払い方法でコンビニやATM支払いを指定した場合

メルカリ・フリルともに一律100円の決済手数料がかかります。

 

なので、メルカリとフリルを比べると販売手数料はフリルの圧勝

決済手数料に関しては全く同じだという認識で大丈夫です。

 

結論

販売手数料…メルカリ10%、フリル無料

決済手数料…メルカリ・フリル共に一律100円で同じ(コンビニ/ATM払いなどの場合)

 

売上金の振り込み手数料

メルカリの場合は売上が211円以上であれば振り込み申請が可能です。

フリルの場合は売上が1,000円以上であれば振り込み申請が可能です。

 

メルカリ・フリルともに振り込み手数料は210円です。

ただし、メルカリ・フリルともに売上が10,000円以上であれば

振り込み手数料は無料になります。

 

そのため、メルカリ・フリルともに売上が10,000円を超えてから

振り込み申請をすることをおすすめします。

 

結論

振込手数料…メルカリ・フリル共に売上額が10,000円未満は210円、10,000円以上であれば無料

 

本人確認の必要性の有無の違い

メルカリでは出品者、購入者ともに本人確認の必要はありません。

 

フリルも基本的には本人確認は必要ないのですが

出品して売れた商品が10,000円以上の場合のみ

本人確認が必要になります。

 

10,000円以上の商品を販売すると、本人確認ができるまでは

それまでの売上の受け取り申請やポイントへの交換もすることができません。

 

ただし、本人確認は最初の一回だけですので、一度やってしまえば

次からは本人確認の必要はありません。

 

結論

メルカリ…本人確認必要なし

フリル…10,000円以上の商品を売った場合のみ最初の一度だけ本人確認が必要

 

ポイントに関する違い

メルカリもフリルも貯まったポイントを商品の購入代金に充てることができます。

 

メルカリは売上金からそのまま商品の購入代金に充てることができますので

わざわざポイントに換える必要はありません。

 

ポイントは自分の紹介コードで友達や知り合いを紹介するか

メルカリでたまにやっているキャンペーンなどで獲得することができます。

 

フリルは売上金を一度ポイントに換えなければ

商品の購入代金に充てることができません。

 

また、売上金を一度ポイントに換えてしまうと元に戻すことができません。

このことから、ポイントの使い勝手に関してはメルカリの方が良いです。

 

結論

メルカリ…ポイントと売上金が同じように使える

フリル…売上金を一度ポイントに換える必要がある

 

販売者が購入者を選べるかどうかの違い

メルカリでは購入者が購入ボタンを押して支払いが完了した場合は

必ず取引を成立させなければなりません。

 

そのため、販売者側には購入者を選ぶ権利がありませんので

評価が低いクレーマーのような購入者だとしても

取引をせざるを得なくなります。

 

フリルの方では購入前に「購入申請」をして、販売者が「購入申請」を

承認することで初めて取引が開始されるという仕組みです。

 

2016年8月から、購入申請の「あり、なし」を出品者が選択できるように

なっており、購入申請が「なし」になっていれば購入が即確定します。

 

しかし、購入者を選べるというところがフリルのメリットでもありますので

購入申請は「あり」にしておいた方が良いかと思います。

 

購入申請を「あり」にしていた場合は、もし購入申請をしてきたユーザーの

評価が低く、トラブルになりそうな場合は簡単に拒否することができますので安心です。

 

僕の場合は主にメルカリで出品をしているのですが、クレーマーにあたった場合は

潔く諦めて返品・返金処理をします。

 

物販ビジネスをやっている以上、どうしても一定の確率でそういった

クレーマーにあたってしまいます。

 

話の通じない人とやり取りするのは時間がもったいないですからね。

気持ちを切り替えて次、次と販売していくようにしましょう。

 

結論

メルカリ…購入者が選べない

フリル…購入者を選べる

 

特定のユーザーのフォロー機能の有無

フォローとは、お気に入りの出品者をブックマークする機能のことで

一度フォローしてしまえば次に購入する時にわざわざ検索をする手間を

省くことができる機能です。

 

フリルにはこのフォロー機能があり、一度購入した販売者から何度も簡単に

購入することができるのですが、メルカリにはフォロー機能がありません。

 

なので、メルカリで同一販売者から商品を購入したい場合は

いいねや購入履歴からたどる必要があります。

 

これはそれぞれのフリマアプリにおけるコンセプトの違いによるもので

 

フリルは一人ひとりがネット上でショップを開いているという

「Yahoo!ショッピング」や「楽天市場」などをモデルとしているのに対して

 

メルカリはそれぞれの商品を重視し、出品者に対するリピーターには

さほど重きを置かないという「Amazon」をモデルとしているということです。

 

結論

メルカリ…フォロー機能なし

フリル…フォロー機能あり

 

ユーザー数(ダウンロード数)の違い

転売ビジネスを実践していくにあたってプラットフォームにどれだけの

ユーザー数がいるのかというのは非常に重要な点です。

 

なぜなら、フリマアプリという性質上、ユーザー数の多さは

販売する時の売れやすさや仕入れるときの購入のしやすさにも

大きな影響があるからです。

 

ちなみにユーザー数がどの程度いるのかの指標になるのがアプリのダウンロード数です。

ただし、ダウンロードしても使わないユーザーや、運営側の水増しも可能なので

あくまでも目安として考えてください。

 

メルカリのダウンロード数はすごい勢いで右肩上がりに伸びており、

2016年12月時点でダウンロード数4,000万件を突破しています。

 

約一年前の2015年11月ではダウンロード数2,000万件だったので、

約一年で2倍に増えています。

 

一方フリルのダウンロード数は2016年11月時点で600万件を突破しています。

同じように約一年前の2015年12月ではダウンロード数400万件でしたので

ちょっと増えている感じすね。

 

このことからメルカリの勢いはすごいということが分かるかと思います。

また、ダウンロード数はフリルと比べると6倍以上もの差があります。

 

現状では断然メルカリの方がユーザー数が多いので稼ぎやすい状況です。

 

結論

メルカリ…ユーザー数4,000万以上

フリル…ユーザー数600万以上

 

メルカリとフリルの違いと転売での稼ぎやすさまとめ

以上、メルカリとフリルのそれぞれの違いについて解説してきました。

手数料に関してはメルカリもフリルも全く同じですので

違いがあるのは手数料以外の部分です。

 

販売者側からみると、購入者を選べて安心なフリルを利用すれば良いですし

ユーザー数が多い方が良いと思うのであればメルカリを利用すれば良いです。

 

購入者側からみると、同じユーザーから何度も購入したいと考えるのであれば

フリルの方が便利ですが、メルカリの方が圧倒的にユーザー数が多く、出品数も

多いため、欲しいものが手に入りやすいと思います。

 

以前であればフリルは女性専用であったため、女性用の商品を狙うならフリルが

おすすめでしたが、現在は男性もフリルを利用できるため、このメリットはありません。

 

僕個人的には特に販売者は関係なく、商品重視で見ますし

ユーザー数が多く、ポイントの使い勝手が良いメルカリの方が断然使いやすいです。

 

そのため、メルカリとフリルでどちらの方が転売ビジネスで

稼ぎやすいのかと聞かれると僕はメルカリと答えますね。

 

ぜひ参考にしてください。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!