物販,ビジネス,ノマド

こんにちは、富山です。

今回のテーマは物販ビジネスノマド生活を実現させるために必要なことです。

 

物販ビジネスだとノマドができないと思っている方も

いらっしゃるようですが、全くそんなことはありません。

 

僕自身がノマドみたいなもんなので。笑

それでは早速みていきましょう。

 

そもそもノマドとは何なのか?

由来はいろいろあるのですが、ノマドというのは、英語で「遊牧民」という意味です。

あとは窓がないところで仕事をする人ということで、「No mado」が由来という話もあります。笑

 

2009年頃に「ノマドワーカー」という言葉が世の中に出回り始めました。

 

その背景としては、ITの発達があります。

「ネットビジネス」という用語があるように

ネット上だけで完結できるビジネスが世の中にはたくさんあります。

 

そのうちの一つが物販ビジネスですね。

 

インターネットさえ繋がればどこでも仕事ができる人のことをノマドワーカーと言います。

職場として固定のオフィスを持たず、カフェや自宅などで仕事ができます。

 

僕自身も現状ノマドワーカーと言えます。

 

オフィスを持つと毎月家賃の支払いがありますし、

自宅からオフィスまでの移動時間がどうしてもかかるので

お金と時間がもったいないと思ってしまうんですよね。

 

でも自宅兼オフィスにすると自宅の家賃を経費で落とすこともできるし移動時間もありません。

通勤をする必要がないということは

雨の日や気分が乗らない日に無理矢理家から出る必要がないのです。

 

僕は雨が大嫌いなので雨の日は絶対に家から出ません。笑

ノマドにはたくさんのメリットがあるのです。

 

ノマドワーカーの90%以上がノマドでなかった時と比べて

幸福度アップしているというデータもあるぐらいです。

 

物販ビジネスでノマドをするためには?

それでは物販ビジネスでノマドをするために必要なことを考えてみましょう。

物販ビジネスは一般的に在庫を持つ必要があります。

 

そのため、物販ビジネスではノマドワーカーにはなれないと思っている方もいらっしゃるようです。

でも僕の家には一切在庫がありません。

在庫どころか段ボールすらありません。笑

 

別に無在庫転売をやっているわけではないんです。

 

ではなぜそんなことができるのかというと

外注を駆使して自動化をしているからです。

 

物販ビジネスでノマドワーカーになりたければ

まず信頼できて仕事のできる良い外注を見つけましょう。

 

もちろん外注を見つける前に自分の実力がある程度ないと

作業を教えることができませんので意味がないので

ある程度物販ビジネスが分かっていること前提ですが。

 

外注の見つけ方

外注を見つけるためにはSOHOサイトを使います。

例えばクラウドワークスやランサーズ、@SOHOなどです。

 

これらのサイトを使って外注を募集し、

応募してきた人とメールや電話、あるいは直接会って話をします。

バイトの面接みたいな感じですね。

 

具体的にどんな外注を見つければ良いのか?

それは以下の3つに分類できます。

 

  1. インフラの外注
  2. 作業の外注
  3. 専門性の高い外注

 

インフラの外注

インフラの外注とは、商品を仕入れたり販売したり配送したりすることです。

仕入れ担当、販売担当、配送担当などと分けます。

 

中国輸入ビジネスの場合だと、買い付け代行業者を使えば中国から仕入れをしてもらえます。

販売と配送はAmazonのFBAを利用することでまかなえます。

 

メルカリ転売の場合は、仕入れ担当の外注をSOHOサイトで探し

販売と配送はAmazonのFBAを利用しましょう。

 

作業の外注

作業の外注は文字通りで、作業を外注します。

具体的にはリサーチ、出品、利益計算などをやってもらいます。

 

これは中国輸入もメルカリ転売も同じようにそれぞれの外注を雇います。

もしくは一人か二人でも良いです。

 

専門性の高い外注

専門性の高い外注とは、サイト作成やデザイン関係などです。

サイト作成は自社ECサイトを作った時に使います。

 

デザインは中国輸入ビジネスをやる時に商品画像を作ってもらうために使います。

メルカリ転売の場合はこれらの外注は必要ありません。

 

外注を募集するときのコツ

外注を募集するときのコツとしては、できるだけ多くの外注を雇うことです。

 

できるだけ細かく分類してそれぞれ専門的に担当してもらった方が

自分のノウハウをパクられる心配もありません。

 

また、外注を雇うこと自体は簡単なんですが、続けてもらうことが難しいです。

 

そのため良い感じの人を数撃ちゃ当たる作戦で

見つけるためにできるだけ多くの外注を雇ってください。

 

多く雇ったとしても、別に固定給で払うわけではなく

歩合制で給料を払うので金銭面の心配はなにもありません。

 

でもあまりにも多すぎると管理が大変だったりと問題もあるので

まあこの辺りは実際にやりながら感覚を掴んでいけば良いかと思います。

 

物販ビジネスでノマド生活を実現させるために必要なことは外注を雇うこと

外注を雇って仕入れやAmazonの倉庫までの発送などもやってもらえば

自分自身では商品を触ることもなく世界中どこにいても物販ビジネスができます。

 

優れたリサーチ担当者がいればかなり強いです。

なぜなら物販ビジネスにおいて最も重要なのはリサーチだからです。

 

作業の重要度で言うと、90%はリサーチに力を割いた方が良いぐらいです。

 

なので特にリサーチの外注は人数を重点的に増やしても良いかと思います。

 

あとは「外注を募集する担当者」も外注で雇ってしまえば

自分で外注さんとやり取りしたり募集分を書いたりしなくて良いのでより一層ラクですね。

 

ここまで外注してしまうと自分がやることはないのではないか?と思う方も

いらっしゃると思いますが全然やることはありますよ。

 

自分は経営者なんです。

特にマーケティングの勉強は必須で、自分のビジネスをいかに拡大できるか?

これを考えることが経営者としての仕事です。

 

ビジネス拡大の方法を考えたらそれを実現するために外注を使って実践していきます。

 

結論としては、物販ビジネスでノマドワーカーになるために必要な事は

外注をしっかりと使いこなせるようになるということです。

 

それさえできれば実働なしで収入が入ってくる勝ち組の域になります。

 

外注を使いこなして、物販ビジネスでいつでもどこでも仕事ができる幸せを

あなたも体験してみてください。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!