中国輸入,OEM,売れない

こんにちは、富山です。

今回のテーマは中国輸入ビジネスでOEMをしても売れない場合とその対処法についてです。

 

多くの方がOEMでオリジナル商品を作って新規出品すれば

高利益率が取れて100%稼げる!と思っているようです。

 

しかしそれは間違いです。

実際はそんなに甘くありませんので、OEMをしてもどうしても売れない場合があります。

 

今回はOEMをしても売れない場合とその対処法について詳しく解説していきますね。

 

中国輸入ビジネスでOEMをしても売れない場合とその対処法

中国輸入ビジネスでOEMをしても売れない場合は主に3つ挙げられます。

 

  • そもそも売れない商品の場合
  • カテゴリーの市場規模が小さい場合
  • 他に安くてレビューの良い商品がある場合

 

1つずつみていきますね。

 

そもそも売れない商品の場合

売れない商品を出品するというのは、リサーチ不足が原因であり論外です。

事前にテスト販売をしてからOEMをやりましょう。

 

特にいろんなジャンルに手を出していると、こういったリサーチミスが起きる確率が高まります。

まずは自分の得意なジャンルを一つに絞ることが大事です。

 

相乗り出品でもかなりの確率で予想通り売れるジャンルは

自分の得意なジャンルであると言えます。

 

自分の得意なジャンルだけに絞って顧客のニーズや意識もリサーチし、

顧客のニーズにあった商品をどんどん見つけていきましょう。

 

顧客のニーズをどのようにリサーチするのかというと

Amazonで販売されている類似商品のレビューを見たり

Yahoo!知恵袋や教えて!gooなどが役に立ちます。

 

そのジャンルに特化してOEM商品を出品していって

自分だけの市場を作っていくことを意識するだけで

結果が大きく良い方向にいくと思います。

 

カテゴリーの市場規模が小さい場合

カテゴリーによっては市場規模が非常に小さいものがあります。

例えばベストセラーを取っていても一日5個ぐらいしか売れないとかですね。

 

この場合はそのカテゴリーをやめておくべきです。

ではどのようにして市場規模が分かるのか?

 

市場規模のはかりかたとしては、そのカテゴリーでベストセラーを取っている商品が

一日で何個売れているのかを調べるのです。

 

ベストセラーなのに一日10個も売れていないようなカテゴリーであればやめておくべきですね。

物販ビジネスは回転率が重要ですので、このへんはとても大切です。

 

ただ、あえて市場規模の小さいニッチ商品ばかり狙っていくという

明確な戦略があるのであれば全然OKかと思います。

 

他に安くてレビューの良い商品がある場合

自分がOEMをして新規出品をするときに、すでに他の商品がレビューが結構付いていて

なおかつ自分の販売価格よりも安ければ、お客さん的には絶対そっちを買いますよね?

 

新規出品なのでもちろん最初はレビュー0からのスタートなので

最初はギリギリ黒字ぐらいの販売価格で出品した方が良いです。

 

そうするとライバルの商品よりもこっちの方が安いわけですから

レビューが付いていなくても買ってくれるお客さんはたくさんいます。

 

そうして自分の商品を買ってもらえることによって商品ページのランキングが上がって

ランキングが上がるとレビューも自然と付いていきます。

 

僕はOEMをして新規出品するときはいつもこのやり方でライバルに勝っています。

 

中国輸入ビジネスでOEMをしても売れない場合とその対処法まとめ

以上、中国輸入ビジネスでOEMをしても売れない場合とその対処法でした。

OEMをしても売れない理由は上記の3つですが、それぞれの対処法があります。

 

なにより、OEMをしようと思ったらまずはテスト販売をしてみましょう。

 

それだけでそもそも売れない商品をOEMする可能性もなくなりますし、

カテゴリーの市場規模もある程度分かります。

 

もっと詳しく知りたい内容などあれば直接ご連絡ください。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

ビジネスパートナー募集のご案内はこちら

→ 渋谷にて中国輸入・メルカリ転売のビジネスパートナー募集してます

 

それでは今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!