中国輸入,利益率,アップ

こんにちは、富山です。

 

今回は中国輸入ビジネスの利益率の目安と利益率をアップさせるために

必要なことについて解説していきたいと思います。

 

それでは早速みていきましょう。

 

中国輸入ビジネスの利益率の目安

まず結論から言いますと、中国輸入ビジネスの利益率の目安としては30%前後になります。

 

ちなみに僕が仕入れ候補の商品のリサーチをするときは最低25%以上にしています。

実際には平均で40~50%ぐらいの利益率は取れていますが。

 

利益率を25%よりも低くしてしまうと

やはりかなり資金力が高くなければやっていけません。

 

僕達のような個人またはマイクロ法人レベルで中国輸入ビジネスをやる場合は

大企業のような資金力がないわけですから

最低でも25%以上の利益率を取れるように意識していきましょう。

 

中国輸入ビジネスの利益率の考え方

中国輸入ビジネスの利益率の考え方として、資金との兼ね合いがあります。

資金によって利益率も決めていけば良いと思います。

 

僕個人的には、

 

資金50万円以下…利益率45%以上

資金50~100万円…利益率40%以上

資金100~500万円…利益率35%以上

資金500~1000万円…利益率30%以上

資金1000万円以上…利益率25%以上

 

このあたりを目安にすれば良いのではないかなと思います。

 

まあこれは一番の理想形ですし

それぞれの目標次第ですので

一概には言えませんが

僕だったらこんな感じで考えますかね。

 

普通に考えて分かる通り、資金が多ければ多いほど利益額も増えますので

資金に余裕があるのであれば、ある程度利益率を低く設定しても大丈夫です。

 

そうはいっても、やはり利益率は高ければ高いほど良いですよね。

 

同じ利益を100万円取るにしても、

利益率10%で売上1000万円よりも

利益率50%で売上200万円の方が

圧倒的に労力が少ないわけですから。

 

また、利益率を下げて仕入れる商品の幅を広げすぎると

その分何かしらの理由で商品が売れなくなってしまったり

返品の数が増えたりした時のリスクが高くなってきます。

 

次に利益率をアップさせるためにどうすれば良いのかについて解説していきますね。

 

中国輸入ビジネスで利益率をアップさせるためには?

中国輸入ビジネスの良いところとして利益率が高いということがあります。

 

しかし、特に初心者の方は他の人と同じような商品しかリサーチできないため

価格競争に陥ってしまって結局赤字か、利益が出るか出ないかの

トントンぐらいになってしまう方が多いと思います。

 

僕なんかだと、利益率は安定的に40~50%ぐらいは取れています。

それなりのノウハウがあるからです。

 

ただ、初心者の方やまだまともに利益を出せていない方が

そういったノウハウを実践しても実際に結果が出せる確率が極めて低いですし

リスクがありますのでやめておいたほうが良いです。

 

利益率を一気に上げるノウハウとしては2種類あります。

  1. メーカーから直接仕入れる
  2. 同一商品を一度に大量に仕入れる

一つずつ解説していきますね。

 

メーカーから直接仕入れる

仕入れを行うにあたって、できるだけ上流の方から仕入れることを意識しましょう。

これは物販ビジネスの基礎中の基礎です。

 

商品が消費者の手元に届くまでには

僕達も含めて様々な業者が絡んで、それぞれが利益を

販売価格に上乗せするかたちで取っています。

 

こんな感じです。

メーカー→卸業者→小売業者→消費者

 

ここからみて分かる通り、間に卸業者や小売業者を挟むよりも

メーカーから仕入れるのが一番安く済みます。

 

なので基本的にタオバオではなく、アリババで仕入れるべきです。

僕の中ではアリババの方がタオバオよりも30%前後安いイメージがあります。

 

ただ、メーカーから仕入れる際はある程度のロット数を求められます。

そのため、資金力がないとなかなかメーカーから仕入れることは難しいです。

 

同一商品を一度に大量に仕入れる

例えば、同じ商品でも10個仕入れるのと100個仕入れるのとでは

販売する側の対応も変わってきます。

 

この時に大量に購入するので安くしてくださいと販売側に言えば

大抵の場合は安くしてくれます。

 

そのため、一度テスト販売をしてある程度売れる予測ができれば

この方法で仕入れ原価を抑えることにより、高い利益率を保つことができます。

 

ただし、この方法も上記のメーカーから仕入れるのと同じで

やはりある程度の資金力がないと難しいですね。

 

また、資金力があったとしても、一気に商品を仕入れるので

それなりの販売力がないと不良在庫になるリスクもあります。

 

 

これらのことから、まずはもっと現実的なことを考えて

通常の目安の25~30%ほどの利益率を目指していきましょう。

 

中国輸入ビジネスで誰でも利益率を上げられる方法

目安となる利益率を決めたのになぜか利益が上がらない方がいます。

そういった方の多くは、最低ラインの利益率を決めていないからです。

 

例えば、利益率最低25%以上として商品のリサーチをしたとします。

そうすると、利益率23%とか利益率22%などと微妙に利益率を下回る商品も出てきます。

 

その時に惜しいからといって利益率23%や22%も仕入れ対象にすると

気が付くと結局利益率19%とかの商品も仕入れ対象にしてしまうわけですよ。

 

そういった利益率の低い商品を仕入れて、もし大幅な価格競争が起きたら大変ですね。

最悪赤字になる場合があるので。

 

リサーチをしていると、なかなか良い商品が見つからない時があります。

 

その時に焦って最低ラインよりも低い商品を仕入れてしまい

本来の「稼ぐ」という目的から「商品を仕入れる」ことが目的に変わっていってしまう方がいます。

 

そして利益率の低い商品ばかり仕入れてしまい

結局全然稼げていないなんてことになるのです。

 

稼ぐためにやっているのに利益が残らないと全く意味がありませんので、

「利益率が25%以下の商品は絶対に仕入れない!」といった感じで

最低利益率のラインを自分なりに決めて、それを厳守することが大切です。

 

中国輸入ビジネスの利益率に関するまとめ

中国輸入ビジネスにおける利益率の目安は30%前後となります。

実際リサーチも大変ですので、現実的には20~30%前後と覚えておけば良いでしょう。

 

ちなみに僕は最低25%以上の商品しか仕入れ候補の対象にしません。

 

また、利益率をアップさせるためには、

  1. メーカーから直接仕入れる
  2. 同一商品を一度に大量に仕入れる

資金があるならこの二つの方法が有効的です。

 

誰でも利益率を上げる方法としては、最低ラインの利益率を決めておき

それを厳守することが非常に重要になってきます。

 

【人数限定】

中国輸入ビジネスの有料個別コンサルティングサービスのご案内はこちら

→ 中国輸入ビジネス個別コンサルティング希望の方へ

 

ビジネスパートナー募集のご案内はこちら

→ 渋谷にて中国輸入・メルカリ転売のビジネスパートナー募集してます

 

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました!


ご相談やお問い合わせはこちらから↓↓
気軽に雑談などもしましょう(^^)
LINE@追加特典もあります!